楽読とは|株式会社楽読研究所|速読術を活用した能力開発

楽読とは

楽しく楽に読書速度を2~7倍に!速読の新しい形です。

楽読とは

従来の速読は一冊の本を2秒で読むなど目指している目標がかけ離れていました。また、トレーニングも継続することが困難なプログラムになっていました。楽読では目指す目標が現在の読書スピードの2~7倍と目指しやすくすべての方に達成できる目標になっています。また、トレーニングも楽しく楽にできるプログラムになっており、年齢や性別を問わず、すべての方に効果を実感していただけるトレーニングになっております。

企業や学校で選ばれる理由

速読(楽読)とは、文章を「速く読む」技術のことです。
「速く読む」ということは、多くの情報を処理するということ。
「速読(楽読)」を修得すると脳の回転数を上げて多くの物事を同時に処理することが出来るようになるので、
試験・受験や仕事など広く応用できます。

コミュニケーション力が上がる訳

多くの情報を処理する上で欠かせない「理解力・記憶力」を鍛えるため、楽読ではイメージの訓練を行います。イメージを司る右脳を活かすため、左脳を一切使わないトレーニングを行うことにより、相手にどう見られるか考える=心にブレーキがかかるのを防ぎます。

6つの特徴

  • パソコンんを使わない
  • リラクゼーションを取り入れる
  • 英語の速聴きを取り入れる
  • コミュニケーションを取り入れる
  • 少人数で行う
  • 繰り返し練習する